行政書士 おいしい


行政書士が「おいしい仕事」と言われている理由について

行政書士試験は合格率が数パーセントの難関とされている試験のひとつですが、難関を突破し、各都道府県の行政書士会に入会、登録手続きをすませれば行政書士として即、独立開業できます。

 

ここでは、行政書士が「おいしい仕事」と言われている理由についてまとめてみました。

おいしい理由(1)

少ない資金で開業ができる

何か事業をはじめる際には、資金が必要になるものです。はじめる事業の内容にもよりますが、まとまったお金が必要で、銀行から借り入れをするケースも少なくありません。

 

しかし、行政書士で開業する場合、開業資金は少なくてすみます。自宅の一部屋を事務所として開業する場合は、机、パソコン、電話、来客用のテーブルやイスなど、事務所として最低限のものを揃えるだけでOKです。

 

自宅開業した私の場合、開業資金は30万円以下でした。30万円で独立開業できてしまうのですから、行政書士は本当においしいです。

おいしい理由(2)

コストがかからない

材料を仕入れて、モノを作って商品として売るまでには、様々なコストが発生します。

 

行政書士は自分自身が商品です。したがってコストはかかりません。

 

電話の対応から、依頼人の相談、書類作成など人を雇わず、すべて一人で行えば人件費もかかりませんね。

 

コストがかからないという点でも行政書士はおいしいと言われている理由のひとつです。

おいしい理由(3)

業務範囲が幅広い

行政書士の業務範囲は、とてつもなく広いのが特徴です。

  • 相続
  • 遺言
  • 離婚
  • 成年後見
  • 会社設立
  • 営業許認可
  • 外国人の帰化申請
  • 交通事故など

取り扱える仕事の種類が10000以上にも及びます。

 

どの分野の仕事をするかは自分で決められます。社会のニーズに応じた業務を展開すれば、一攫千金も夢ではありません。

 

まさに、行政書士はおいしい仕事なのです。