行政書士 実務経験 開業


行政書士の実務経験は開業してから積め?

行政書士試験は合格率ひとケタの難関試験とされています。
しかし行政書士試験に合格すれば実務経験なしで即、開業することができます。

 

そのため大変人気の国家資格です。

 

行政書士は自宅を事務所として開業することも可能なので、開業する際の資金もかかりません。このように書くと、行政書士は大変魅力的な仕事であるかのように感じる方も多いでしょう。

 

ところが実際は、開業までこぎつけても行政書士として食べて生活していくのは簡単なことではないのです。

開業は簡単、しかし仕事をとるとなると・・・

先にも書きましたが、行政書士の開業に際しては実務経験は必要とされていません。

 

しかし、実務経験なしで開業してしまった場合、

  • どうやって依頼を取るか
  • どうやって事務所を経営していけばいいのか

こういったことが分からなくて困ってしまう方も多いのです。

 

行政書士事務所の補助者として実務経験を積んでから開業するという選択肢もありますが、補助者の募集は少ないのが現状です。

 

 

所属している行政書士会では、新人行政書士のために実務に役立つ様々なセミナーや講座を定期的に行ってくれていますが、結果的に依頼を取って仕事をし、行政書士事務所を経営していくのは自分自身なわけです。

ではどうしたら良いのか?

実務経験なしで開業する場合は、

  • しっかりとした経営戦略を練り、
  • どのような分野で仕事をし、
  • どのような方法で依頼を受けるのか、

こういったことを事前に具体的に考えて準備しておく必要があると思います。

 

また、開業当初は

  • どんな依頼でも断らず、
  • 積極的に引き受け、
  • 依頼人さまから勉強させて頂くという姿勢

こういった姿勢がとても大切です。

 

私は行政書士試験合格後、即、登録して、実務経験なしで開業しました。周囲の人々はとてもびっくりしていました。(笑)

 

みんな無謀だと思ったのかも知れません。

 

しかし行政書士になったら具体的にどんな方向で仕事をするのかこの分野では誰にも負けないという得意分野も決めてありました。

 

 

現在、開業して3年目になりますが、実務経験は開業しなければ積むことはできないし、依頼を受けることが一番の実務経験だと思っています。