行政書士 弁護士 相談 費用


行政書士への相談費用は弁護士の半分です

夫婦関係、親子関係、遺言、相続、借金など、日常生活上では様々なトラブルがあります。

 

このような日常生活上での困りごとを誰に相談しますか?

 

身近な人なら、信頼できる友達や両親でしょうか。

 

信頼できる友達や両親に困ったことを相談し、聞いてもらえるだけで何となくホッとできますね。ところが、友達や両親は専門家ではありません。

 

話は親身に聞いてくれても、困っていることに対してアドバイスをしたり、具体的に解決方法を教えてくれたりはできないことが多いでしょう。

 

友人・知人、親兄弟では具体的な解決策が分からない場合が多い

 

 

日常生活上での困りごとに対して、具体的なアドバイスや解決方法を教えて欲しいと思ったら、弁護士などの専門家に相談するのもひとつの方法です。

 

弁護士なら法律の専門家として、困っていることに対してアドバイスや解決方法を示してくれるでしょう。

 

しかし、弁護士は相談費用がバカになりません。1時間あたり1万円の相談料がかかります。

 

「1時間に1万円も費用がかかるの?」
「高いわねえ。」

 

こう思う方は少なくありません。
費用が高いことを理由に相談を諦めてしまうケースもあります。

 

弁護士の相談料は結構高くてあきらめてしまうことも

 

 

専門家に相談したいけど、費用が高いことを理由にためらってしまっている場合、行政書士に相談してみてはいかがでしょうか。

 

行政書士は、街の身近な法律家です。
日常生活上の様々な困りごとに対して親身に相談にのってくれます。

 

相談料は1時間あたり5000円と、弁護士に相談する場合の費用の半分くらいです。

 

 

弁護士や行政書士などの専門家に日常生活上の困りごとを相談する場合、費用はかかってしまいます。

 

しかし具体的なアドバイスをしてくれたり解決方法を提示してくれます。

 

更に、弁護士や行政書士には守秘義務があるので、相談内容が誰かに知れてしまう心配もありませんね。

 

行政書士の相談料は弁護士の半分くらい