行政書士 試験 足きり


行政書士試験の「足きり」について

「足きり」とは入学試験などで事前に一定の基準を設定し、合格者を絞り込むシステムのことで、「門前払い」などともいわれています。

 

「足きり」といえば、センター試験などが有名かも知れませんが、この「足きり」、実は行政書士試験にもあるのです。

 

ここでは、行政書士試験の「足きり」について説明しましょう。

(1)公式には書かれていなくても

行政書士試験研究センターのHPを確認すると、行政書士試験の合格基準点は以下のとおりとなっています。

 

次の要件をいずれも満たした者を合格とします。
@行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50%以上である者。
A行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である者。
B試験全体の得点が、満点の60%以上である者。

 

「足きり」がありますよ、という表記はどこにもされていません。しかし、公式HPに記載されていないだけで「足きり」はあります。

(2)行政書士試験の「足きり」は、何点から?

それでは、行政書士試験の「足きり」は何点からされてしまうのでしょうか。

 

行政書士試験は大きく、法令と一般知識の2つの分野に分かれており、

 

法令においては5割
一般知識においては4割

 

これが「足きり」のボーダーラインです。

 

具体的に点数にして説明すると、

 

法令は46問出題され244点満点中、122点以下
一般知識は14問出題され56点満点中、24点以下

 

これ以下で「足きり」されるということになります。

(3)「足きり」を回避するために

行政書士試験で「足きり」にされてしまうパターンで一番多いのが、法令だけ合格基準の60%(180点)以上を超えていても、一般知識が20点だったために不合格になってしまったというケースです。

 

つまり、行政書士試験は法令が満点に近い得点でも、一般知識で4割以上採れなければ合格できないのです。

 

このことを念頭に、一般知識の試験対策もしっかり行えば、「足きり」を回避できるはずです。