行政書士 試験 前日


行政書士試験前日の過ごし方について

試験前日は、受験生であれば誰だって緊張します。よく、

 

「行政書士試験前日は、早めに寝ましょう。」

 

といいますが、早めに布団に入っても眠れるものではありませんよね。

 

ここでは行政書士試験前日の過ごし方について、自分の経験なども交えながらまとめてみました。

(1)意識しないで普段どおりに過ごしましょう

「明日は、行政書士試験!」と意識すると、緊張して落ち着けなくなってしまいますね。緊張して気持ちが落ち着かなくなると、神経も疲れてしまいます。

 

なので、試験前日であるということを意識しないで普段どおりに過ごすようにしましょう。試験前日だからといって、特に何かをする必要もありません。

 

試験勉強をするなら、テキストの要点を確認したりよく間違えた問題の見直しをしたりする程度に留めておきましょう。

 

私は、全試験科目の要点チェックをさらっとしただけでした。

(2)持ち物チェックは、早めに済ませましょう

行政書士試験会場へ持って行くものの確認やチェックは前日、早めに済ませておきましょう。

 

受験票や筆記用具に加え、自分で作った学習ノートやお気に入りのテキストなどを持って行き、試験開始までの時間に目を通しておくと落ち着けます。

(3)お風呂に入ってリラックスしましょう

寝る前にお風呂に入って温まると、リラックスできます。お風呂から出て身体が温まってるうちに布団に入ってしまうのがベストです。

 

余談になってしまいますが、行政書士の試験時間はぶっつけ3時間です。

 

当然ですが途中休憩はありません。トイレに自由に行ったり、喉が渇いても飲み物を飲んだりはできないわけです。

 

私は女性ですが、女性にとって3時間トイレに行かないって状態は結構キツイです。なので、前日から私は水分調整をしていました。

 

更に足元が冷えるとトイレが近くなるので、ひざ掛けになる厚手の上着を用意して試験会場に持参しました。