行政書士 勉強法 判例


行政書士試験における「判例」の出題傾向と勉強法について

行政書士は、法律の専門職として人気の国家資格です。

 

受験資格がないため、誰でも受験できることも人気の理由で、毎年たくさんの方が行政書士試験にチャレンジしています。

 

しかし、行政書士試験の合格率は7%程度で、簡単には合格できない難関です。行政書士試験に合格するためには、それなりの試験対策や試験勉強が必要になるでしょう。

 

行政書士試験は、試験科目の数が非常に多く、科目ごとに効率的な勉強方法を見つけることも合格の大きなポイントになります。

 

ここでは、行政書士試験における「判例」の出題傾向と勉強法についてまとめてみました。

(1)行政書士試験の「判例」の出題傾向は?

行政書士試験は、少し前までは条文の正誤を問う問題がメインになっていましたが、近年は「判例問題」が多く出題されるようになりました。

 

行政書士試験の問題は、憲法、行政法、民法、商法、基礎法学などが出題の範囲になっています。

 

その中でも「判例(先例として一般性をもつ裁判)」は特に憲法や民法の分野から多く出題される傾向があり、有名な判例や、近年ニュースや新聞で取り上げられ注目を浴びた「判例」などはよく出題されています。

(2)「判例」の勉強法は?

「判例」や「判旨」の知識を問う問題が多く出題されるようになったため、以前のように条文の丸暗記だけでは、行政書士試験には合格できないでしょう。判例の勉強も必須となります。

 

「判例」のおすすめの勉強法は、有名な「判例」や、近年社会的に注目を浴びた「判例」などをピックアップし覚えることです。

 

「判例」だけを丸暗記するのではなくて、その「判例」の背景や問題点なども含めて理解しておく必要もあるでしょう。

 

「『判例』はたくさんありすぎてどれを覚えたらいいのか分からない」という人もいますが、行政書士試験のテキストや問題集などに出てくる「判例」を中心に覚えればよいと思います。