行政書士 試験 準備期間


本格的な行政書士の試験勉強をはじめる前に、「3つの準備期間」

難関とされている行政書士試験に合格するには、それぞれの能力に応じた試験対策をしっかり行い、計画的に行政書士の試験勉を進めなくてはなりません。

 

私は、法律に関しては全くの初学者でしたが独学で行政書士試験に合格できました。合格するためには、本格的な行政書士の試験勉強をはじめる前に、「3つの準備期間」が必要になると思っています。

 

ここでは、その3つの準備期間について説明しましょう。

(1)心の準備期間

行政書士試験は、法律に関して全くの初学者が簡単に合格できる試験ではありません。

 

試験勉強は、はっきり言って大変です。

 

中途半端な気持ちで行政書士試験に向き合うなら、合格は厳しいでしょう。

 

「どんなことがあっても必ず合格するぞ!」という、強い心を持ちましょう。

 

そして、家族や友達に宣言し、応援してもらいましょう。周囲に、行政書士試験を受けるということを周知しておけば、途中で挫折できなくなります。

 

行政書士試験の勉強をやり抜くにも強い意思が必要になるのです。まずは、心の準備期間を作り、「行政書士試験を受けるぞ!合格するぞ!」というモチベーションを高めます。

(2)試験勉強をする環境作りの準備期間

心の準備期間を経て、モチベーションが高まったら、試験勉強をする環境作りの準備期間が必要になります。

 

勉強をする場所を準備しましょう。勉強机がなければ、リビングのテーブルやキッチンのテーブルでも構いません。

 

すぐにテキストを開いたり、問題を解いたりできる場所があれば、自然と勉強する習慣が身に付きます。

(3)テキストや問題集などを用意するための準備期間

試験勉強をする環境が整ったら、行政書士試験の試験勉強に欠かせないテキストや問題集を準備します。

 

テキスト類などは何冊かをピックアップしておき、必ず中身を確認し、自分のレベルに合ったものを選ぶようにしましょう。

 

1日で揃えようとせず、1週間ほどの準備期間を作り、じっくり選ぶことが大切です。