行政書士 試験 点数配分


仮想通貨の値上り利益ってこんなに!
無料登録を済ませていつでも購入できる準備を。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

行政書士試験は点数配分と試験時間を考慮した試験対策が大切です

今回は、行政書士試験の試験問題と点数配分について、行政書士開業3年目の筆者が個人的な感想を交えながら説明しましょう。

(1)行政書士試験の試験問題の特徴は?

行政書士試験の試験問題の特徴は、とにかく出題範囲が広いことが第一にあげられるでしょう。

 

行政法や民法などの法令からから近年の社会情勢にいたるまで、とにかく幅広く出題されるので、受験生は計画的な学習が必要になります。

 

全60問の試験問題のうち、マークシート方式が57問で記述式が3問という試験問題数も行政書士試験の特徴です。

(2)点数配分は?

気になる点数配分ですが、法令と一般知識の5肢択一(54問出題)が1問につき4点です。

 

法令の多肢選択式(3問出題)が1問につき8点。そして記述式(3問出題)が1問につき20点という点数配分になっています。

 

このように見ると、記述式問題は1問につき20点という高い点数配分になっているので、ここでは可能な限り高得点を取っておきたいものですね。

(3)試験時間は?

行政書士試験の試験時間は、午後1時から午後4時までの3時間です。

 

法令、一般知識と併せて全60問の問題をこの3時間以内に解いていかなくてはなりません。もちろん途中休憩はありません、ぶっつけ3時間本番です。

 

いかに集中力を持続させるか、が合否の鍵を握るといっても過言ではないでしょう。

 

単純計算で、行政書士試験問題1問につき制限解答時間は3分なのです。しかし、3分以内に5肢択一の問題を解くのは簡単なことではありませんね。

 

更に、点数配分の高い記述式は、問題を読んで解答を40字以内で書かせます。問題を読む、解答を考える、解答をまとめる、解答を正しく書く、この作業が3分で終わらせられるはずがありません。

 

なので、5肢択一や多肢選択式の問題でできるだけ多く1分以内に解答をしておく必要があるわけです。

 

行政書士試験は、点数配分と試験時間を考慮した試験対策も行わないと合格は厳しいということが分かりますね。


2017年は仮想通貨で億を稼いだ人が続出。
しかし本格的な値上がりはこれから!
購入額が低い今がチャンスです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で