行政書士 試験 免除


仮想通貨の値上り利益ってこんなに!
無料登録を済ませていつでも購入できる準備を。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

行政書士になるための3つの方法とは

行政書士は、少ない資金で自宅で独立開業ができ、街の法律家としても親しまれることなどから、幅広い年齢層に人気の国家資格です。

 

行政書士になるには、大きく3つの方法があります。

 

(1)行政書士試験に合格し、行政書士登録をする。

 

(2)弁護士、弁理士、公認会計士、税理士の有資格者は行政書士試験免除で行政書士登録が可能。

 

(3)国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び特定独立行政法人、特定地方独立行政法人又は日本郵政公社の役員又は職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して20年以上になる者は行政書士試験免除で行政書士登録が可能。

 

通常は、難関とされる行政書士試験を合格しなければ、行政書士にはなれないのですが例外があります。

 

弁護士や弁理士、公認会計士や税理士などの資格を取得されている方
公務員として20年以上務めるなどの条件を満たす方

 

これらの条件を満たす方は、行政書士試験が免除されて、各都道府県の行政書士会に登録し審査などで認められれば、行政書士になれるわけです。

 

私自身、現役の行政書士ですが、私の周りには行政書士試験に合格し、行政書士登録をして開業されている方が多く、試験免除で行政書士をされている方は少ないように思います。

 

試験免除で行政書士登録された有名人には、参議院議員の片山さつきさんがいます。
片山さんは、公務員としての期間が20年以上あったので、(3)の要件を満たして行政書士登録が可能となったのです。

 

試験免除で行政書士になれたらと思う方も多いと思います。私も行政書士試験の受験生だった当時はよくそう思ったものです。

 

ところが調べてみると、試験免除の要件のハードルは高すぎて、行政書士試験に合格するという方法を選択せざるをえなかったのです。

 

ただ、行政書士試験の勉強は行政書士として開業する際も開業した後も、あらゆる面で役立ちます。

 

勉強しておいて損はなかったと思っています。


2017年は仮想通貨で億を稼いだ人が続出。
しかし本格的な値上がりはこれから!
購入額が低い今がチャンスです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で